トップページ

    このサイトではロータスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ロータスの買取相場を調べて高い金額で買取をしてくれる専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているオススメの車買取業者で検索してみてください。

    スポーツカーのロータスを高く査定してもらうために大切なことは「複数の車買取会社で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか、家の近くにあるロータスの正規ディーラーで下取りということを考えている場合は、明らかに損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定サービスなら入力もすぐに終わるので簡単です。複数の車買取店からの査定額を比較することが可能なので、ロータス(Lotus Cars)の買取相場がチェックできます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営する中古車の相場が比較できる車一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携業者も約1000社以上なので圧倒的な数!最大50社までロータスの買取査定ができます。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼するといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    その上、全国対応で利用は無料。

    「ロータスを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、電話攻撃はちょっと…」と言う場合ならメールで概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが所有しているロータスの買取相場が分かるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで買取価格を入札していくので、スポーツカーのロータスを高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。

    一般的な車買取一括サービスといえば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが共通の流れだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話連絡は1社からのみ!電話対応に時間を取られることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    ロータスの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社もの車買取業者がオークション形式で買取価格を提示してくれる今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みと同時に中古車相場が提示されるので、「数年落ちのロータスの買取相場ってネットで分かるの?」と思っているなら利用してみてください。

    一括査定後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良買取業者だけが登録しているので、しつこいセールスを受ける心配はしなくて大丈夫です。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのロータスであっても高く買い取ってもらうことができます。

    約10社の業者がロータスの買取査定をしてくれるため、一番高い金額を提示してくれた会社にあなたのロータスを売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、1分もかからない入力後スグに中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携している業者も200社以上で、最大で10社の業者がイギリス車のロータスを査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定依頼をすることで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用してきたロータスをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数は100万人以上なので実績も申し分ないですし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    外車王

     外車王は、その名前から分かるように外車を専門とした外車買取店です。
    17年間、外車・輸入車を専門に買い取っており、年間の輸入車取扱台数は輸入車のみで1500台。もちろん、地方対応で出張査定は無料です。

    外車王は外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、イギリス車のロータスなら他の買取業者より高く売ることができることも多いです。
    ですから、イギリス車のロータスであればとりあえずランキング上位の中古車一括査定サービスを使って買取金額をリサーチしてみてください。

    いろいろな買取専門業者に見てもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。査定相場よりも高い査定額を提示してくれた場合にはあなたが大切に乗ってきたロータスを売りましょう。






    車買取コラム

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう軽い傷や細かなへこみは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、あまり神経質になることはありません。

    それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷や充分に分かる程度のへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、マイナス査定されるのを避けようとしてたとえ自分で修理しても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    中古車の買取査定のために業者まで出向く時間がないときなどには、大概の業者では、出張による査定見積もりを受けることが可能です。

    査定士が自宅などに来て実際の車を目で見て確認して、見積もり結果を出してくれるのです。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    一気に複数の業者に依頼すれば時間短縮にもなりますし、同時に呼ばれた査定士間で査定額の競争が行われるので最終的にその車の査定金額が高く提示される可能性が出てくるのです。

    たいていの場合、車を売ったときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。

    自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で詳細な査定金額が明記された証明書が欲しくなったら、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に車の査定をお願いしなければいけません。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、査定してもらうには料金が必要です。

    それと、査定してもらうためには前もって予約しなければなりません。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、ボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    どこの販売店でもそうですが、できるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    買取業者に車の査定を出すのは気軽なもので、費用は一切かかりません。

    しかし手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、確認するのを怠りがちですので、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていればそこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、業者による査定が行われる以前に、できれば純正品に戻しておきたいものです。

    中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていは他メーカーよりは純正の方が高い査定額がつきやすいのです。

    屋外環境は素材の劣化を招くので屋外保管ならカバーをかけて時々状態をチェックし、可能なら室内保管が一番手間がありません。

    人気のある他社製のホイールはオークションでなかなか良い値段がつく例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと既にプラス査定は期待できなくなります。

    しかしながら、査定金額を高くしたいが為に車検を通してから車を売却する必要性は低いのです。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    車のローンを完済する前でも買取業者に売却することは可能です。

    それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人であることが条件です。

    もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、すべての債務の返済が済むまでのあいだは車の所有権は本人にはありません。

    ですから、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、総走行キロ数が10万kmを越える車だと、中古車屋からも引き取れないと言われてしまうことが多いです。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、そのような車を専門に扱う業者に査定を依頼する方法があります。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに見積もって買取価格を提示してくれるのです。

    税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、結果的にトクする方を選んでください。